コンクリートポンプ車とは。

コンクリートポンプ車とは、生コンクリートを離れた目的の場所に流し込む為の特殊な車の事を言います。送り込む生コンクリートは、コンクリートミキサー車から入れてもらう為、この二つの車両はセットになってコンクリート打設工事を行う様になっています。車体はベースとなるトラックの荷台部分に生コンを圧送する機械と折りたたまれたアームに生コンを送り込む高強度のホースで構成されています。主にどのような場所で使われるかと言いますと、コンクリートの建物の躯体や大型の橋脚や擁壁など、一度に大量の生コンを離れた場所に流す必要のある時に使用されています。

例えば、建物であれば一階の壁から上方向のコンクリート打設や、地下構造物などの下方向に深い場所へのコンクリート打設、さらに水平方向に範囲を広く移動しながらコンクリートを打設する場合など、生コン車が近寄る事が出来ない場所へコンクリートを流し込む役割を果たしているのが、コンクリートポンプ車です。コンクリートポンプ車はその名の通り、生コンクリートをポンプの圧力で圧送しています。詳しくは2種類の圧送方法が有るのですが、場所によっては長くつないだ配管の中にしっかりと生コンを送り出すのは、相当な圧力が必要になります。その長さは時に100メートルを超える場合も有り、比重が2.4ほども有る重たい生コンを直径10センチ位のパイプの中に送り続けるのを考えただけでも、相当な力であるのが想像できます。

しかも、そのような強力な能力が有りながら、車両の大きさは2トン車程度の小さいサイズから有り、小規模でも生コン打設しにくい数多くの現場で良く利用されています。コンクリートポンプ車は建築や土木の工事現場では非常に出番の多い工事車両なのです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*