コンクリートポンプ車について

コンクリートポンプ車は、主に建設現場においてコンクリート圧送に使用される建設機械のことを指し、コンクリート作業車とも呼ばれています。トラックミキサーによって輸送されたやわらかい状態のコンクリート(フレッシュコンクリート)を運びます。コンクリートポンプ車は主に2種類存在しており、ブーム車と配管車に分けることができます。ブーム車はフレッシュコンクリートを離れた場所に圧送するために輸送管のついた折りたたみ式のブームを架装しているのが特徴です。

ブームの最大作業高さはポンプ車の重量に比例し、2トン車で11メートルから、25トンで36メートルまで幅広い種類があります。このブームによって、通常では作業が難しい高所へのコンクリート圧送が可能となっています。配管車はブームを持たない普通のポンプから直接配管を用意しフレッシュコンクリートを圧送するタイプのコンクリートポンプ車です。通常工事現場の近くで見かけるタイプは、この配管車タイプで、作業をするうえで設置に場所をとらないというメリットがあります。

また、ブームを架装していないため全高が低く高さ制限のある場所でも入っていけるという使い勝手の良さも特徴のひとつとなっています。コンクリートポンプ車を扱うには特別な資格が必要で、主に車両系建設機械運転者という資格を有した人がポンプ車を運転・操作させることが可能となっています。一方で、現在の工事現場によってはコンクリート圧送基幹技能者、コンクリート圧送施工技能士などの資格も必要となるケースが増えています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*