コンクリートポンプ車の用途とレンタル料金

コンクリートポンプ車は生コンなどの建築資材を高所に送り込むための特殊なポンプ車のことです。コンクリートポンプ車の仕組みとしては、トラックの荷台にコンクリートを送り込むための金属製のホースが用意されており、これを使ってコンクリートの流れる道を作り、そこにPTOポンプを用いて圧力を掛けてコンクリートを送り込むというものです。コンクリートそのものは生コンミキサー車によって提供されます。メリットとしては、すみやかにコンクリートを送り込むことができるという点で大量のコンクリートを使用する建築現場や土木現場で使われます。

特に高所への送り込みが容易に行えるメリットから、大規模な現場で良く見かける建設機械です。コンクリートポンプ車でコンクリートを送れる距離は、このホースの長さとポンプの能力に比例します。一般的には2トン車で11メートルとなっており、もっともお大きい25トン車では36メートルほどの送り込み能力があります。一方で、コンクリートポンプ車は、建設機械のひとつであり、ほかの建設機械同様にリースやレンタルで貸し出されるのが一般的ですし、自社で保有している建設会社もありますが、基本的には大量のコンクリートを高所に送り込むためだけの機械であるため保有するにはコストが高くなります。

また生コンを供給している業者によっては生コンミキサー車とセットで利用することも可能です。レンタル料金の相場としては距離や打ち込む量などによって変わってきますが基本料金は6万円から10万円は必要になります。立体駐車場のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*