立体駐車場経営でのデメリットと対策

立体駐車場は初期費用を低価格にして効率よく運用できる可能性の高い資産運用として知られていますが、デメリットも存在しています。デメリットについて理解をして対策を講じることで、安心して運用できるようになるでしょう。一般的な平面駐車場の場合は土地の利用効率が低いため、あまりうまみがないと考えられています。しかし、立体駐車場であれば平面駐車場のデメリットとなる、平面で数十台分の収益しか上げられないといったものを解消することが可能です。

一般的に立体の場合、5階建てや10階建てのようなものも少なくありません。そのため、平面よりもはるかに多い台数の駐車料金を手に入れることが可能となり、利益率が圧倒的に高いといえます。ただしデメリットとなるのは、定期的なメンテナンス費用がかかること、駐車場内で利用者同士がトラブルを起こす可能性があることです。利用者同士がトラブルを起こす可能性に関しては、自走式の駐車場の場合に起こりやすいといいます。

対策を講じる場合、入り口と出口で走らせる部分を別にすることや、柵などを使って区分けをしておくことなどが有効です。入口と出口が違っていれば中でぶつかる可能性は圧倒的に低くなりますが、万が一に備えて防犯カメラなどの対策も講じておくことが大切となります。また、立体駐車場内での盗難などのトラブルを避けるために、荷物をできるだけ車の中に置きっぱなしにしないようにすることを周知すること、警備員を定期的に巡回させることも検討してください。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*