立体駐車場の利用について

立体駐車場とは、平面式の駐車場と対比される用語で、要するにその敷地の地面だけに駐車スペースを設けるのではなく、その敷地内に立体的な建物を建設し、スペースを空間的に活用しようとするものを指します。立体駐車場では、スペースを空間的に活用できるために、同じ敷地面積であっても平面式よりは駐車可能な車の台数が増えることになるのが特徴です。いわば、住宅の場合の平屋建てと二階建て以上との違いに相当するとも言えますが、駐車場の場合、平面式であれば極端な話が更地のままであっても何とかなるのに対し、二階建て以上にしようとすると少なくとも車や構造物自身の重みに耐えるだけの建物にする必要がある点で、住宅以上に両者の差は大きいと言えるかもしれません。特に敷地面積に限りがあるような場合は、機械式の立体駐車場にすることもできます。

このタイプの駐車場は、外見上は窓も何もないタワーか何かのように見えたり、隣接するマンションとか商業ビルなどと一体化されていて具体的な構造が人目に付くことが少なく、イメージが付きにくいかもしれません。いくつかのバリエーションはありますが、例えば縦に細長い観覧車のようなイメージの駐車場もあります。ゴンドラに相当する部分が車を載せられるパレットになっており、回転させることで立体的に車を駐車させられるようになっています。縦に高いと上の方にある車を地上に降ろしてくるまでに時間がかかることもあります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*