若い世代や子育て世代こそ中古車を

公共交通機関の発達した都市部であれば、車を使用する機会は少ないかもしれません。しかしながら、車社会である地方部にとって、車は冷蔵庫やエアコンなどと同様、生活必需品です。生活必需品であるからには、月々の経費がかかります。ガソリン代、車検代、車両にかかる税金など、維持には様々な経費がかかり、家計に占める割合も高くなります。

コストの面から考慮しても、一番悩ましいのは、車両本体をどう選ぶかです。車メーカーは店舗に展示車をずらりと並べ、毎月のように新型車を導入しています。独自に低金利のローンなども用意し、月々の経費を抑えて購入しやすいように売り出されています。しかし、選択肢は新車だけではありません。

中古車という選択肢を選び、家計を見直すことで、賢い消費者として豊かな生活を送ることができます。一般的に中古車は、年式やグレード、走行距離、オプション等装備品などによって様々な価格帯があります。昔憧れていて、高くて手の届かなかった車も、10年も経てば十分購入できる価格帯になっています。さらには、同価格帯であれば、カーナビなどのオプションが全く付いていない新車よりも、5年落ち、7年落ちであっても、オプション満載の中古車の方が魅力的であり、お買い得です。

車は生活必需品であり、日々の足です。例え新しくても、いずれは古くなるものですから、新車にこだわる必要は全くありません。特に、若者や子育て世代は、収入も少なく、無理をして新車を購入すれば、たちまち家計は火の車です。また、小さい子供がいれば、車の中での食べこぼしや、泥だらけの服でシートに座ることもあります。

そのようなことを考慮すると、新車よりも中古車の方が、気兼ねなく、かつ経費も抑えることができます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*