美肌器やハイドロキノンで炎症が起こるか

女性だととくにシミや肝斑を気にしている人は多く、美肌器のレーザーをつかった治療を希望する人もいます。しかし美肌器のレーザーというと、やはりお肌への強いダメージになる、といった不安が大きいひともいるようで、自分は敏感肌だからと美肌器のレーザーによる炎症が気になっていることも多いです。実際には美肌器のレーザーを当てるときにはその強度を美容皮膚科クリニックの医師が調整しながら行いますからあまり不安に思う必要もないですが、炎症が不安な美肌器よりもまず最初にハイドロキノンクリームを試してみるのもいいかもしれません。
ハイドロキノンクリームは美肌器とはちがって、クリームなので塗るだけです。これだけでも美肌器よりもかなり取り扱いがラクで、レーザーのためにシミ治療にクリニックに通うとなると、だいたい5回程度の通院が必要になってしまうので、もしも自宅の近くに美容皮膚科のクリニックが見当たらないときには、炎症の心配どころか通院だけでもかなりの負担となってしまうこともあるでしょう。
一方でハイドロキノンクリームなら自宅で寝る前に気になるシミや肝斑があるところにやさしく塗っていくだけでとても高い美白効果を得ることができます。ハイドロキノンクリームは濃度が低いものなら通販でも手に入れることができますし、クリニックで処理されるハイドロキノンクリームであっても、自宅で塗るというケアになるため少ない回数の通院で済むのも魅力的です。
しかしハイドロキノンクリームもまったく炎症が起こらないのかというとそうでもなく、効果があるぶん刺激も大きく出ることがあるので、自己判断で増量したりせず医師と相談しながら治療をしていくようにしましょう。