家庭用のわき用ハイドロキノンクリーム

ハイドロキノンの濃度には上限があるので、家庭用のハイドロキノンクリームだと最高でも5パーセントの濃度です。しかしこの濃度があればお悩みの黒ずみにも高い効果が期待できます。クリニックでも5パーセント程度を上限に処方している医師もいるくらいなので、家庭用なら十分でしょう。もっとも安心して使える濃度はわずか1パーセントから2パーセントくらいで、この濃度でもほとんどの人はうれしい効果を実感できます。ハイドロキノンクリームはとても効果なものが多いので1万円をこえる美容液もめずらしくありません。ですからやたらと高濃度のものばかりを追い求めるよりもわき用として黒ずみに使いたいときにも、これくらいの濃度のほうが広範囲に使いやすいのが実情です。
わきは普段からあまり注目しているひとも少ないかもしれませんが、女性がいちばんムダ毛を処理しているのはわきだというくらい、たくさんの刺激を皮膚に与えてしまっている場所でもあります。なので、よくよく見てみるとわきが黒ずんでいたり紫っぽい色になってしまっている人も多いでしょう。これは皮膚に与え続けたムダ毛を処理するときの刺激のせいでメラニンが定着してしまっている状況です。なのでこれを改善するにはメラニンの還元作用のあるハイドロキノンのクリームを使うのがいちばんです。
ハイドロキノンクリームは、医師の処方の上で購入しないと手に入らないものもありますが、家庭用として売られているものもあります。わき用として最初から売られているものは少ないかもしれませんが、ハイドロキノンの配合濃度を確認して2パーセント前後ならわき用のみならず、デコルテや首などボディに広範囲にわたって使用しやすいでしょう。