ハイドロキノン配合のボディクリームでしみを解消する

顔用の美白クリームやローションは、様々なメーカーが製造しており、ドラッグストアやネットショップでも大変人気があります。
しみなどの色素沈着が顔に出てくると、非常に目立つため、効果の高い美白化粧品に対する女性の関心は高いのです。
最近では、顔用の美白クリーム以外に、美白用のボディクリームも登場しています。
顔のしみだけでなく、体のしみも消したいという人が、少なくないのです。
夏、海で日焼けして、その後、色素沈着が残ってしまって困っているというケースも多いです。
美白クリームを、毎日の手入れに使うことで、肌に透明感が出てきます。
ボディクリームは、肌の保湿を目的として作られたものですが、美白用のボディクリームには、アルブチンやビタミンC誘導体、ハイドロキノン、コウジ酸など、美白効果がある様々な成分が配合されています。
特に、ビタミンC誘導体や、アルブチンは、多くの美白化粧品に配合されています。
ビタミンC誘導体には、メラニンを還元し色素沈着を抑制する働きがあり、さらに、新陳代謝の促進、抗酸化作用もあります。
アルブチンは、メラニンの合成に関係があるチロシナーゼに作用して、メラニン色素の合成を防ぎます。
ビタミンC誘導体やアルブチンも、しみに効果がありますが、すぐに効果が出るわけではなく、長く使い続ける必要があります。
しかし、しみに対して非常に強い効果がある成分を配合した製品も次々と登場しています。
その中のひとつが、ハイドロキノン配合のボディクリームです。
他の美白成分と比べると、ハイドロキノンの美白効果は段違いなのです。
そのため、有名化粧品ブランドをはじめ、各メーカーが、ハイドロキノン配合の美白ボディクリームを販売しています。